チーズケーキの通販、お取り寄せならLeTAO
  • LeTAOトップ
  • マイページログイン
  • 買い物かご

商品のご購入・お問い合わせ 0120-222-212(9:00-18:00 年中無休)

  • 新作スイーツ
  • スイーツギフト
  • 今月の送料無料
  • ドゥーブルフロマージュ/ケーキ
  • アイスクリーム
  • パン・スープ
  • 焼き菓子

ルタオのご案内


海と山に囲まれた自然豊かなロケーションに、運河や歴史的建造物が今も残るノスタルジックな街並が広がる小樽。 街を歩くだけで、その魅力に包まれてしまう小樽の地にふさわしく、これまでに無いような新しい洋菓子の文化を創りたいという創業者である河越の強い思いからルタオのストーリーは始まりました。

幸運にも小樽の観光の中心であるメルヘン交差点にお店を構えることが決まり、大きな塔のようなお店をつくりました。店名は「親愛なる小樽の塔」という意味のフランス語「La Tour Amitié Otaru」の頭文字に、小樽(オタル)の地名に愛着を込めてアレンジを加えて、ルタオ(LeTAO)と名付けました。

小樽の人たちに愛され、親しまれ、いつか小樽の街のシンボルとして皆様に語られていくような店に育てていくという誓いを込めています。


小樽での洋菓子店開業に向け、 私たちはノスタルジック・モダン(Nostalgic Modern)とノーザン・スイーツ・マナー(Northern Sweets Manner)という2つのテーマを掲げました。

ノスタルジック・モダン(Nostalgic Modern)という言葉には「ノスタルジック(馴染みの深いスタンダード)なスイーツにも、モダン(斬新)な発想でとびきりの美味しさを追求する。」という思いを込めています。 常に今日よりも明日、 美味しいものを創ることを求め続ける私たちの、ものづくりの姿勢を表現しました。

ノーザン・スイーツ・マナー(Northern Sweets Manner)とは「北の国に生きる人々の、 お菓子を楽しむ流儀をお届けする」という意味とは別に、「皆様に北海道のお菓子と言えばルタオと言っていただきたい。北海道スイーツの代表になる。」という私たちの決意を表しています。


ルタオ開業と同時に、創業者の河越は新しいお店の前に石碑を建立し、一つの詩を刻みました。車イスカメラマンとして知られる田島隆宏さんの「人生という旅」という詩です。ひたむきにハンデを乗り越え、地上50センチの車椅子から生まれた写真詩集「うたがきこえる」。この詩集に触れ、河越は深く感動しました。そしてこの写真詩集から強く感じる「生命と自然への感謝に満ち、力強く生き抜く心」をルタオの心にしようと誓いました。私たちルタオで働くスタッフ全員が大切にしている詩です。



こうして1998年6月、ルタオは小樽の街に開業しました。以来私たちは美味しさを追求した数多くのスイーツを創り続けてきました。その中で代表的なものが「ドゥーブルフロマージュ」と「ロイヤルモンターニュ」です。

ドゥーブルフロマージュはルタオ創業当時から多くの方に長く愛されているチーズケーキです。当初は店頭で販売する生ケーキの1つでしたが、その人気はどんどん広まっていきました。店頭では「このケーキを自宅に送ってほしい」という北海道外からのお客様の要望が日に日に増えていき、ルタオではドゥーブルフロマージュを冷凍する技術の開発を始めました。ケーキを冷凍すると解凍後に味が落ちてしまうという認識が一般的だった頃、原料の配合や製法を見直しながら新しい冷凍技術の導入を進め、ついに5年の歳月をかけて冷凍状態での発送ができるようになりました。お客様から圧倒的な支持を集めていたドゥーブルフロマージュの美味しさを冷凍し、解凍後もなお美味しくお召し上がりいただくことが実現したのです。濃厚なチーズの味わいのベイクドチーズケーキと、ふんわり軽くミルキーな風味のレアチーズケーキを2層に重ねたドゥーブルフロマージュは、今や北海道から全国たくさんのファンの皆様へお届けしています


ロイヤルモンターニュはきれいなピラミッドの形からは想像できない口どけの良さで人気を集めています。チョコレートの溶け出す温度を低く設定し、クーベルチュールチョコレートとダージリン紅茶の二つの香りを、口に入れた瞬間から感じていただけるような配合に仕上げています。ロイヤルモンターニュの誕生によって、ルタオがチョコレートのルタオとも言われるようになるきっかけが作られました。いまも全国に多くのファンを持つルタオを代表するチョコレート商品です。

そしてもう一つ付け加えるなら、毎日ルタオ本店の入口で皆様にお配りしているのが、このチョコレートです。毎日堺町通りを歩くたくさんの皆様にロイヤルモンターニュのご試食を一つずつ手渡しています。私たちにとって、それは皆様との会話のきっかけづくりと考えています。遠くからお越しの観光のお客様や、地元北海道のお客様に歓迎の言葉をお伝えし、小樽の街の良いところをご紹介したり、美味しいスイーツの話をしたりと私たちは今日もロイヤルモンターニュをきっかけにお客様との楽しい会話を弾ませています。


おかげさまで地元小樽の皆様、観光で小樽に来られた皆様に愛されて、ルタオは創業から16年を迎えました。「小樽の街に新しい洋菓子の文化を創りたい」と掲げた創業時の強い思いは、ほんの少し実現できたかもしれません。

しかし私たちは、これまでもこれからも、常に「今日よりも明日美味しいこと」を求め続けます。馴染みのあるスイーツに、斬新な発想でとびきりの美味しさを創りだす挑戦を続けます。働くスタッフ全員が「生命と自然への感謝に満ち、力強く生き抜く心」を何よりも大切にすることによって、お客様一人一人の喜びを創り、喜びを提供し続けていくことを誓います。ルタオが親愛なる小樽の塔であり続けるために。




ルタオのふるさとは北海道。美味しさの原点は大自然にあります。

ルタオのスイーツは選び抜いた素材だけを使っています。特に地元産にこだわり、たとえば生クリームの原料である生乳は、すべて北海道産です。「北海道の牛乳はコクがある」と、よく言われるのにはワケがあります。夏でも涼しい北海道は、暑さが苦手な乳牛にとって快適な環境です。乳牛は愛情いっぱいの酪農家のもとでストレスもなく、のびのびと育ちます。また、乳製品の製造では飼料の牧草や、土壌まで徹底的に管理されています。わが子のように育てられている乳牛からしぼる新鮮で濃厚なミルクは、北海道で有名なホルスタイン牛乳と、濃厚な味わいで知られるジャージー牛乳の2種。さらに北海道産のなかで選び抜いたたまごや小麦粉など、底力のある上質の素材を厳選しました。素材の良さを十二分に引き出すため、独自の蒸し焼き製法やスフレ製法など、新しい技術も次々と改革してきました。こうした、こだわりがルタオのスイーツにはいっぱい詰まっています。

1リットルの生乳からとれるルタオ特製の生クリームは、ほんのわずか。

宝石のように貴重な白いしずくは、
ルタオのさまざまなスイーツづくりに活かされています。

コラム

おいしいスイーツづくりのために試行錯誤して、やっとたどりついたのが乳脂肪分42%の生クリーム。開発に没頭した日々が思い出されます。「いろいろ研究しましたね。生クリームはデリケートな素材。乳脂肪分が少し違うだけで、まったく別の製品になってしまいますから」。妥協を許さず試作を繰り返した末、ルタオ特製の生クリームは完成しました。

ルタオの生クリームは生乳が新鮮なうちに加工に入り、すべての製造工程で厳密な温度管理が行われます。「製造においては、一定の温度に保つことが重要です。温度が少し変動するだけで、生クリームの粘性が違ってきますからね。それに乳牛の体調や季節によっても、生乳に微妙な違いがあります。そこを見極めて、おいしいお菓子づくりのために毎日同じ品質で作り上げています」

商品のご案内

心を魅了してやまないとろけるような口どけ奇跡のチーズケーキ

ルタオ本店のはじまりは、小樽の堺町通りに生まれたケーキ屋でした。
その歴史とともに歩み続けているのが「ドゥーブルフロマージュ」です。

世界中から選択したチーズと北海道の新鮮な小麦粉、
厳選たまご、ルタオ特製の生クリームなど、上質な素材だけを
使った"レア&ベイクド"の2層仕上げになっており、
なめらかにとろけるような口どけから「奇跡のチーズケーキ」
とも呼ばれています。

小樽を訪れた観光客の方々により評判が広まり、
今日では北海道を代表するスイーツとして、
地元はもとより全国で親 しまれるようになりました。

ルタオがテレビで紹介されました
動画で見る「ルタオの魅力」
動画で見る「小樽の店舗紹介」

店舗のご案内

小樽洋菓子舗ルタオ

小樽洋菓子館ルタオ本店 小樽洋菓子館ルタオ本店

小樽洋菓子館 ルタオ本店
北海道小樽市堺町7番16号

ルタオ パトス pathos

ルタオ パトス
北海道小樽市堺町5番22号

ルタオ ル ショコラ le chocolat

ルタオ ル ショコラ
北海道小樽市堺町4番19号

ルタオ プラス LeTAO

ルタオ プラス
北海道小樽市堺町5番22号

ルタオ チーズケーキラボ cheese cake lab

ルタオ チーズケーキラボ
北海道小樽市堺町6番13号

ドレモ ルタオ doremo

ドレモ ルタオ
北海道千歳市朝日町6丁目1番1号

エキモ ルタオ ekimo

エキモ ルタオ
小樽市稲穂3丁目9番1号
サンビルスクエア1F

ルタオ大丸札幌店 LeTAO

ルタオ大丸札幌店
北海道札幌市中央区北5条西4丁目
大丸札幌店B1F

ルタオ新千歳空港店 LeTAO

ルタオ新千歳空港店
北海道千歳市美々987
新千歳空港ターミナルビル2F

 


マイページ

メール:

パスワード:

パスワードをお忘れの方

商品検索

商品名、商品コードで検索できます。

よく検索されている商品

Facebook

お問い合わせ 【TEL】0120-222-212(9:00〜18:00年中無休) 【FAX】0120-333-325
E-mailはこちらのフォームから
商品のご購入・お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。

Copyright © 1996 KCC Co.,Ltd. All Rights Reserved.